FC2ブログ

圓頓寺の山萩の花

朝露にまみれた山萩の花   2008.9.17

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉もあります。
お彼岸の季節、圓頓寺の境内に山萩の花が枝を垂れて開花しました。
万葉集では、数多くの萩の花の歌が詠まれているが、
萩の花を愛でる人はどれほどいるのかな?
萩の花は際立って美しい花とは思わないが、當山の築山で、秋のそよ風にふれ朝露をうけた姿は、地味で落ち着いた薄紅紫色の可愛らしい花が美しく感じます。

萩の花? 萩の花?

お彼岸は、特に、ご先祖さまへご供養し掌を合わせ、日々の安泰を感謝する七日間でありたい。
また、自然界は季節が変わり行く季節です。
その季節の転機とともに、「知恩報恩」の道を「法華経」は説いているので、彼岸は特に「仏道修行の日」とうけとめ、「慈を以て身を修め、能く仏慧に入り、大智を通達し、彼岸に到り」と仏さまの教えを信じて、自分自身を変えていく転機にしたいものです。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

日蓮宗圓頓寺

Author:日蓮宗圓頓寺
日蓮宗圓頓寺のブログへようこそ!

圓頓寺のHPはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる