スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.08.15 山鹿温泉灯籠まつり

      光の輪が闇にゆらめく 山鹿灯籠まつり開幕 

2011年8月15日の夕闇が迫るころ「山鹿太鼓」の触れ太鼓や「子供神輿」や25町内の奉納「飾り灯籠」で幕を開けた山鹿温泉の伝統行事、山鹿灯籠まつり。

お祭り広場での灯籠おどり
お祭り広場での灯籠おどり

灯篭まつりを祝う、菊池川岸辺で約4000発の打ち上げ花火や仕掛け花火などが雨上がりの夜空を彩り、山鹿街は華やいだ雰囲気につつまれた。

花火①IMG_2901
菊池川での花火

16日夜、朝から小雨続きで開催が危ぶまれたが、雨の合間に立ち込めた深い霧の夕暮れ、おまつり広場や圓頓寺の小路や山鹿小路をゆらりゆらりと灯りがゆれる、「灯籠踊り」の踊りの列が続いた。

足湯の様子    灯籠踊りの乙女    こども灯籠踊り

足湯の観光客           灯籠踊りの乙女           少女の灯籠おどり

夏の夜にゆらめく金灯籠(かなとうろう)柔らかなあかり。
山鹿灯籠は、室町時代より長い歴史の中で、金灯籠にはじまり神殿造り、座敷造り、合掌造り、古式台灯、矢壷、鳥篭など様々な様式のものが和紙と糊だけで作られた和紙の芸術が奉納された。

金灯籠を頭にのせて    灯籠踊りを舞う    子供神輿の様子

金灯籠をのせて          灯籠おどりを舞う          こども神輿の様子

ゆったりとした「よへほ節」の唄に乗って、優雅に舞う乙女の頭には灯りをともした金灯籠。
宵闇に揺らぐほのかな灯りの女性の踊り、見る人を幻想の世界へと誘い込み、ハイライト「山鹿灯籠踊り」が、金色の金灯籠を頭に載せた浴衣姿の女性等が「よへほ節」調べにのせて、光の輪が闇にゆらめく舞は、夢幻の光で優雅で優美なおどりで幻想的な情景に酔いしれていました。

灯籠師工房での灯篭    金灯籠造り    座敷灯籠造り

灯籠師工房内での観光客    金灯篭造り(工房内)         座敷造りの灯籠(工房内)

八千代座のあかり    灯籠もなかで有名な西益屋で    山鹿灯籠民芸館で

八千代座のあかり         灯籠もなかで有名な西益屋で   山鹿灯籠民芸館で

※ 山鹿温泉花火大会の様子を紹介します。※

花火②

花火③   花火④   花火⑤   花火⑥   花火⑦

★今年のお盆で帰省出来なかった県外在住のお檀家やご信者の皆様へ、故郷「山鹿灯籠まつり」の情景をご覧ください。★
スポンサーサイト

theme : 熊本のこと
genre : 地域情報

プロフィール

日蓮宗圓頓寺

Author:日蓮宗圓頓寺
日蓮宗圓頓寺のブログへようこそ!

圓頓寺のHPはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。