スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

730年の日蓮大聖人報恩初命日忌初講法要会

★730年の日蓮大聖人報恩初命日忌初講法要会★    2011.01.13

新春の慶賀自他甚深甚深     「清澄寺大衆中」

初講法要の山門
初講法要の山門

荘厳された本堂
荘厳された本堂

銀世界が広がった除夜の鐘、年頭祝祷会から積雪の日々がつづく、今冬一番の寒さに見舞われたなか、2011年辛卯歳1月13日、の日蓮宗の開祖日蓮大聖人さまの初御命日忌の730回ご報恩「初講法要」が5名の式衆ですすめられ、満堂の檀信徒の参詣者を得て営まれました。

お経頂戴の講師
聞法のつどいの山口講師

受付の様子    おとき当番のみなさま    山口講師の講話
受付の様子              おとき奉仕の様子         山口師の法話

日蓮大聖人さまは、新年について、清澄寺大衆中へ宛てられた御書に、「新春の慶賀自他甚深甚深」と新春を迎え慶賀申し上げられ、今年こそ、仏法の邪正が糺明される年だと、お慶び遊ばされておられます。

写経修行の役員    供膳奉納の役員    宗祖へ供膳
写経修行の聖徒           供膳奉納の聖徒           宗祖への供膳

祖師の、ご教意は「成仏得道」のためには初心の「信」こそ肝要であり、此の経、すなわち法華経が最も勝れ諸経中王の経なるが故であって、爾前権教では、たとえ信があっても成仏得道は叶わないのであります。

初講法要の様子    御題目を唱えるみなさん    散華する式衆
文字色初講法要の様子        御題目を唱える聖徒      散華する式衆

私どもの、身口意三業の振る舞いが人々を救い、種々の利益を与える「法華経の行者の妙徳」を、法界無辺の時空を超え、正月についての、悦びの御境地の一分と、一切について「初め」を尊ぶべきと、新春の心構えを説かれていますので、特に圓頓寺の初講法要では、聖徒にとつて一番大切な法会ですので、参詣されたみなさんは、新たな想いに感動した聖日でした。

導師を勤める住職    総代の挨拶    年頭の挨拶する住職
導師を勤める住職         総代のあいさつ    年頭法会での住職挨拶

法要に先立ち、「聞法のつどい」は、宗覚寺の山口弘雄師の講演があり、式では、日蓮大聖人さまにお膳を供える「献膳の儀」や「写経の儀」など聖徒の代表によってつとめられた。

☆初講法会の様子を紹介しました☆

スポンサーサイト

theme : 熊本のこと
genre : 地域情報

圓頓寺の除夜の鐘式と年頭祝祷会の模様

★圓頓寺の除夜の鐘式と年頭祝祷会★

2010年12月31日、山鹿市は大雪です。

年末年始の菩提寺圓頓寺で行われた「除夜の鐘式や祝祷会」の模様を紹介します。

除夜を迎える鐘楼堂
除夜の鐘を迎える雪景色の鐘楼堂

願いを込める子供
願いを込める子供達

午後11時30分。境内では、篝火(かがりび)が暗闇を照らすなか、「年越しそば」をいただき、鐘楼堂では、孫曾孫連れの老・若・男・女の多数の参詣者で、1年無事に過せたことに感謝し、2010年の最後を締めくくり、2011年の新年を迎えるため、「除夜の鐘式」が行なわれた。

大雪の本堂    雪雪雪の境内    第一打の除夜の鐘
大雪の本堂             雪雪雪の境内           第一打の除夜の鐘

報恩感謝の祈り    私も願いを込めて    若者も打つ除夜の鐘

報恩感謝の祈り           私も願いを込めて         若者も打つ

2011年は「卯年」で、飛躍する年になるよう願いこめて初詣に出かけられ、本堂で、全山響き渡る読経が始まり、法要では、年の初めに「ご本尊様、ご先祖様」に詣で、日々の健康に感謝し「国土安穏・世界平和・郷土安穏の祝祷会」が行はれた。

初祈祷する住職    祝祷会の住職挨拶    お屠蘇を頂く

初祈祷する住職          祝祷会の住職挨拶          お屠蘇を頂く皆さん

初詣では、平成23年度の日蓮聖人ご守護のありがたい『開運招福の守護矢』が授与されました。
住職を囲み、御屠蘇など振る舞れ、お参りの後に厄除けのおみきなど頂き、新たな年の多福を祈りにこめてお参りしていました。

theme : 熊本のこと
genre : 地域情報

プロフィール

日蓮宗圓頓寺

Author:日蓮宗圓頓寺
日蓮宗圓頓寺のブログへようこそ!

圓頓寺のHPはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。