スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常明山の御会式法要の模様

                           2010.10.13
        
        常明山の日蓮大聖人第729年御入滅報恩御会式法要 

御入滅報恩法要
ご入滅ご報恩法要

お経頂戴の講師
お経頂戴の講師

御会式(おえしき)とは、熊本県城北の地域のお寺でも歴史のある圓頓寺が、日蓮聖人門下が法要会として行う宗教行事で、2010.10.13、常明山境内にご入滅を偲ぶお会式桜が咲き始め、日蓮宗の開祖日蓮大聖人さまのご命日忌の729年遠忌ご報恩「御会式法要」が県内外の檀信徒の参詣者を得て奉行されました。


御会式法要の御宝前
御会式法要のご宝前

法要に先立ち、10時より、栄立寺住職村井信照師による「お経頂戴」の儀に始まり、有難い「伝道講話」に続き、圓頓寺の檀越にとつて、一番大切なお祖師さまを追慕して行う法会(ほうえ)で、院首が導師を勤め、住職ら5名の出仕で奉行されました。
法会では、ご宝前に手作りの「お鏡餅」や西益屋の特注の宗祖の御紋入りの紅白の「落雁」など供え、道場を花香もって清められ、宗祖を讃え供養するために双鉢や銅鑼を鳴らし、天花を空中に散らしながら散華し声明(しょうみょう)儀式がなされました。

婦人会手作りの御会式桜9    入滅桜    記念講話の村井師

婦人会手作りの入滅桜       山内の御会式桜          記念法話の村井師

 
コスモスが迎える本玄関    秋桜が迎えるホール    会館の床間の秋桜    

皆さんを迎える秋桜        コスモスが迎える玄関       会館床間の秋桜 

また、日蓮大聖人さまに「献膳の儀」や1字1石の「写経の儀」「御会式桜献華の儀」など各会の代表によってつとめられ、お祖師さまや各ご信者のご先祖さまへ報恩感謝の塔婆供養をささげていました。

参拝者らは、日蓮聖人が与え教えて下さった法華経・お題目を唱えて、私どもをお導きくださる宗祖のお年忌法要を勤めて、報恩感謝する1日を体感し、お題目信者の本分を果たしていました。

報恩声明の模様    報恩焼香の院首    塔婆回向を言上

報恩声明散華の模様       法要焼香の院首          塔婆回向を言上   

供膳の儀    報恩写経の儀    精進料理が奉納

供膳の儀              請願報恩写経の模様        常明山伝統の精進料理を奉納


挨拶をする護持会会長        挨拶の院首

あいさつの護持会会長          報恩感謝の挨拶する院首

おときの供物の落雁や御会式桜と散華の花は、法要のあと皆さんに洩れなく授与されました。
ご参拝のご信者の皆様、ご苦労さまでした。

スポンサーサイト

theme : 熊本のこと
genre : 地域情報

第37回日蓮宗熊本県護法大会「お会式法要」記念に1000名余が参加

第37回日蓮宗熊本県護法大会で、
「日蓮大聖人御入滅第729年遠忌ご報恩お会式」
                法要記念に1000名余の聖徒が参加。


           ★2010年・日蓮宗熊本県護法大会は無事終了いたしました★

熊本県寺院による御会式法要
熊本県寺院による御会式法要

圓頓寺修行入門コ―ナ―で、日蓮宗と触れあう「日帰り体験コ―ス」で、紹介しました。10月7日、お題目の信仰に生きる熊本県各寺院の聖徒が一堂に集い、「日蓮宗熊本県護法大会宇城地区大会」が、宇城市松橋の「ウイングまつばせ」市民ホ―ルで、1000名を超えるみなさんが参加し「日蓮大聖人ご入滅第729回の御会式法要」が催されました。

修法加持の聖僧
修法加持の聖僧

第1部 御会式法要

御報恩「御会式法要」では、熊本県宗務所長が導師を勤める中、式衆が、特徴ある袈裟(けさ)や衣に身を包み、舞台へ登場し、双鉢や銅鑼を鳴らし、ハスの花びらをかたどった色とりどりの「散華」(さんげ)を空中に散らしながらの声明(しょうみょう)を披露し、また、修法師40名の聖僧が「世界平和」を祈願し、壮大な演出のなか荘厳に執り行われました。

法華和讃の奉納1
法華和讃を奉納

寺庭婦人会による、宗歌「立ち渡る」等の法華和讃は会場の方々を魅了した。

宗歌を歌う寺庭婦人    声明法要    声明法要の模様
宗歌を詠う              声明法要        声明式の模様

また、日蓮宗独自の加持祈祷の迫力ある読経の声が響き、会場内に修法の霊気が
会場いっぱいに広渡り、全人類が等しく救われ、仏になれる「法華経」の経力が、参加者の、心身に功徳霊気が宿り「お題目の神秘」を体感し厳粛に行われた。

第2部 浪曲

清興浪曲のステージでは、第一席は、澤雪絵さんの演題「花のお七」や、第二席は、女流浪曲界で第一人者といわれる、澤孝子さんの演題「春日局」の力のこもった浪曲があり、お二人の熱演に万雷の拍手が送られた。

春日の局を熱弁する澤孝子師4
春日の局を熱弁する澤孝子師

花のお七をかたる澤雪絵さん    熊本県宗務所長の挨拶    圓頓寺の参加のみなさん

花のお七を語る澤雪絵師     所長の挨拶              圓頓寺の参加の聖徒

体験修行の皆様さんご苦労さまでした。

これからもお題目信行に益々精進ください。

theme : 熊本のこと
genre : 地域情報

プロフィール

日蓮宗圓頓寺

Author:日蓮宗圓頓寺
日蓮宗圓頓寺のブログへようこそ!

圓頓寺のHPはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。