FC2ブログ

時季を間違えた「つくしんぼう」

元寇園教会別院での花
時季を間違えた「つくしんぼう」  2008.11.18
国立公園志賀島内に、六千坪の境内地を望めば、元寇の役で戦没水難の霊位を供養する五重大法塔が右奥に祀られている「元寇園教会別院」の入り口は急な坂道です。
6000坪の境内地 玉葱1(1)


参道を登りつめると、右側には300坪の整備した花壇があり、晩秋の菊の花が見ごろで沢山咲いています。
左側に900坪の畑があり、12日早朝より、信行会の菩薩行を志す6人のご信者が参加して、2000本の玉葱と赤玉葱300本、早生玉葱200本の苗を植え付けし終えて一休みしました。

つくし① つくし②

境内の南側の花壇の片隅に、暦では立冬の時節なのになんと10-15cm程度の青い茶色をした「つくしんぼう」がスギナの間から3本4本出ているのに驚きました。
春に薄茶色で、「袴(はかま)」と呼ばれる茶色で輪状に発芽するのに時季を間違えたのでしょうか?

元寇園教会のシャクナゲ「石楠花」の花

元寇園教会別院での花

シャクナゲ「石楠花」  2008.11.8

深まりゆく秋、志賀島の「元寇園教会別院」へ参りました。
別院の玄関横には、半間四方の石組みのつくばいがあり清水が溢れています。
その奥から水面に映る、枝頂部に花をぐるっと球状につけ、八重咲きで白に淡い紫色の花と、

石楠花白①  石楠花白②

薄紫に濃赤色の花をした6株のシャクナゲには、花弁の内側に薄い紫色の斑点があります。
石楠花②  石楠花①

ご信者さんと神秘的な花を暫く眺めて一時を過しました。
葉は輪生で光沢のある細長い葉を持つ常緑低高木です。
普通のシャクナゲは、春に咲くようですが、夏からこの時季に咲くのでとても珍しい花です。
正式な名前は分かりませんが、ネモトシャクナゲの品種と思います。

元寇園教会別院での花

元寇園教会別院での花
ススキとコスモス(秋桜)  2008.10.8
朝から肌寒い日が続きます。
10月13日は、圓頓寺で日蓮宗の開祖「日蓮大聖人」さまのご入滅報恩の「お会式」の法要行事を迎えるので、福岡市志賀島の「元寇園教会別院」へ早めにお参りしてきました。
菩薩行参加のご信者が、日蓮聖人がご入滅時に庭の桜が花をつけたという故事から、境内に咲く秋桜・コスモスの花を供えていました。

ススキ① コスモス① コスモス②

志賀島に染まる秋、境内の庭に風に揺れる「ススキ」や「秋桜」一重咲きコスモスの周りに赤トンボが止まるなど、淡紅の秋の日の何気ないひだまりに揺れて、秋の風情が私たちを楽しませてくれました。

志賀島 元寇園教会 別院での花

元寇園教会別院での花
野牡丹と百日紅(猿滑)
 
 2008.9.9
朝夕いくらか凌ぎやすくなりました。
お彼岸の行事を迎えるので、今日、菩薩行を志す6人のご信者さん、弟子1人と作業奉仕のつとめで福岡市志賀島の「元寇園教会」別院へ久しぶりに参りました。
境内の暑いさかりに、千代紙細工のような美しい赤色の花を長く咲かせる「百日紅」の花が出迎えてくれました。
早速、本堂で、700年前、元寇の役で戦没された萬霊にご供養申し上げ、美化作業奉仕を行ないました。


八重百日紅①

ひごろは、5名ほどのご信者の方々が、毎日、草取りや花・野菜作りの管理をしています。
六千坪の境内を見渡すと色々な樹木や草花が植えてあります。
高台の中庭に「野牡丹」の紫色不思議な色をした花が、ひそかに何かを語りかけています。

野牡丹① 野牡丹大


プロフィール

日蓮宗圓頓寺

Author:日蓮宗圓頓寺
日蓮宗圓頓寺のブログへようこそ!

圓頓寺のHPはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる